B-SELS ビーセルズ | 日記 | 『LET IT BE』 UK初回マト2U/2U美盤 赤りんごジャケ 素晴らしい音!!!!!

BEATLES 好きナラ B-SELS。 ビートルズ シカありません。

Top >  日記 > 『LET IT BE』 UK初回マト2U/2U美盤 赤りんごジャケ 素晴らしい音!!!!!

B-SELS ビーセルズ の日記

『LET IT BE』 UK初回マト2U/2U美盤 赤りんごジャケ 素晴らしい音!!!!!

2022.09.22

おかげさまで、今週もB-SELSは素晴らしいお客さんに恵まれている。
前の職場でお世話になったO先生、今週も来てくださった常連のMNさん、KUNIさん、皆さん、本当にありがとうございました。
MNさんとKUNIさんのことは後日改めて詳しく書かせていただきます。
 
 
 
O先生には、素敵なイエロー・サブマリンのシャツをいただきました。早速、ありがたく着させていただいています。大変貴重なものを頂戴し、本当にありがとうございました。

また、O先生の御友人の方からのご寄付とのことで、ビートルズ関係の書籍をたくさん持ってきてくださいました。こちらも大切にさせていただきます。
O先生、御友人の方、本当にありがとうございました。

さらに、O先生には、『WITH THE BEATLES』のUKオリジナルのモノラル・マト7N盤まで当店でお買い上げいただき、重ねて厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
また、近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
千葉から3回目の御来店、ジョール・レッカートニーさんには、今回もたくさんのレコード等をB-SELSでお買い上げいただきました。
 
ジョール・レッカートニーさんのことは、前回6月17日の日記に書かせていただいている。このときもたくさんのレコード等をお買い上げいただき、本当に驚かされた。しかし、そのときの私の日記には、ジョール・レッカートニーさんにお買い上げいただいた商品の一部を紹介したのみで、後日、続きを書きたいなあと思いつつ、ありがたいことに、他のお客さんも次々に来てくださるので、日々の日記を書くのに追われ、改めてご紹介できずにいた。私の日記のネタについては、いつも同じところに保管してあるので、ジョール・レッカートニーさんのことを忘れた日はないのだが、ずっと続きを書けずに申し訳ない気持ちでいた。
 
そのような折、ひょっこりとまた来てくださったジョール・レッカートニーさん。一瞬、目を疑ったが、間違いなくジョール・レッカートニーさんだ!前回から3か月ほどで、遠く千葉からまた来てくださるとは、本当にありがたいことだ。
しかし、ジョール・レッカートニーさんには、前回たくさんお買い上げいただいたばかりなので、今回はそれほどジョール・レッカートニーさんのお眼鏡にかなう商品は残っていないのでは?と思ったが、前回同様に、ジョール・レッカートニーさんが次々と商品を積み上げて行かれるのには、またしても、私も腰を抜かさんほどに驚いた!
今回、ジョール・レッカートニーさんにお買い上げいただいた商品の一部を次のとおり紹介させていただきたい。
 
①『BAND ON THE RUN』 UK初回マト1  ラウドカット美盤
②『BAND ON THE RUN』 オーストラリア盤
③『BAND ON THE RUN』 ニュージーランド盤
④『BAND ON THE RUN』 インド盤 
⑤『BAND ON THE RUN』 ニカラグア盤!!!!!
 
ー今回、ジョール・レッカートニーさんが店内に入って来られたときに、ちょうど①のUKラウドカットをかけていたところ、
 
「今日の一番の目的は『BAND ON THE RUN』だったのです。それが、ちょうどかかっているなんて、何と言う偶然でしょう。『BAND ON THE RUN』については、最初に買った盤がUS盤だったので、”HELEN WHEELS”が入っているのが当たり前だと思っていたのが、後に国内盤を買って、入っていないのに驚いた経験があります。US盤以外の、”HELEN WHEELS”が入っている盤を探しに来たわけです。
②オーストラリア盤は、…入っている。
③ニュージーランド盤は、…これも入っている。
④インド盤は、…入ってない。(「インド盤はUKマザー、UKマト2盤です。」と私)
⑤そして、ニカラグア盤には、…おお、入っている!」と感心しきりのジョールさん。
 
―ちなみに、⑤ニカラグア盤の『BAND ON THE RUN』は、激レアです!
それにしても、『BAND ON THE RUN』を一度に5枚も購入されるとは…。ジョールさん、おそるべし!
 
⑥『SGT.』 アルゼンチン初盤 モノラル盤
 「珍しいアルゼンチンのモノラル盤ですが、これは、ステレオ・ヴァージョンをモノラルにした音ですね!」
 
⑦『WITH THE BEATLES』 ドイツ初盤 ステレオ盤
 「お店にはドイツのステレオ盤とモノラル盤の両方がありますが、有名なハイハット5回のイントロはステレオ盤だけですね。」
 
⑧『THE RADHA KRSNA TEMPLE』 UK初盤 1G/1R美盤!
 「このUK盤も珍しいが、ラダ・クリシュナ・テンプルの本を紹介するパンフレット付きとは!さらに珍しい!!」
 
⑨『THE RADHA KRSNA TEMPLE』 US初盤 美品
 「こちらのUS盤もラダ・クリシュナ・テンプルの本の広告付きとは!これも珍しい!!」
 
―ラダ・クリシュナ・テンプルのレコードを一度に2枚も購入されるジョールさんも、珍しい!
 
 
⑩ジョン・タヴナー『THE WHALE』 UK初盤 1A/1R 美品
⑪ジョン・タヴナー『THE WHALE』 UKリング・オー・レコーズ盤 美品
⑫ジョン・タヴナー『CELTIC REQUIEM』 UK初盤 1A/1A 良盤
 
―ジョン・タヴナーは「くじら」で有名であるが、作品を通しで聴いたことのある方は少ないと思う。⑪のリング・オー・レコーズ盤は、UK初盤よりも、さらに激レア!そして、⑫にいたっては、「くじら」を知っている人にも、ほとんど知られていない!
 
ジョン・タヴナーのレコードを一度に3枚も購入されたのは、世界広しと言えどもジョールさんだけではなかろうか!?
 
 
⑬『20TH ANNIVERSARY TOSHIBA-EMI』 1975年東芝EMI製の非売品レコード2枚組
「星加ルミ子さんの解説付きですか!ナレーションも、まさか星加さんの声!?いや、ちがいますね。男性のアナウンサーの声ですね。星加さんの声だったら良かったのに!」
 
⑭『STEREO SCREEN HIGHLIGHT』 1964年東芝音楽工業 赤盤
「”A HARD DAY’S NIGHT”のオーケストラ曲が入っていますね。ジャケ裏にはビートルズの写真が…。1964年の赤盤ということは、ひょっとすると半かけ帯が付いていたのかもしれませんね(笑)」
 
⑮ケン・ドッドの1963年リヴァプール公演プログラム
 
―ケン・ドッドはリヴァプール出身のコメディアン、デビュー当時のビートルズと一緒にショウに出演したこともあるが、日本ではあまり彼のことは知られていない。
さて、このプログラムには、リヴァプールの有名店が広告主として広告を掲載しているが、その中に、ブライアン・エプスタインのNEMSの広告を見つけたので、出品していたもの。ビートルズがデビュー当初、ブライアン・エプスタインもまだ元気だった1963年当時のNEMSの地域広告は大変レア!
ジョール・レッカートニーさん、よくぞ見つけてくださった!
 
「リヴァプールのライム・ストリートにケン・ドッドの銅像が建っているのを見て、ケン・ドッドのことを知りました。」とジョールさん、サスガ!
 
 
以上、ジョールさんに今回お買い上げいただいたレコード等のほんの一部を紹介させていただいた。こうして書かせていただくだけでも、ジョールさん御滞在時のことが楽しく思い出される。本当にありがたいことだ。
 
ジョール・レッカートニーさん、本当にありがとうございました。
また、できるだけ続きを書かせていただきたいと思いますが、現在のペースではいつになるやら…、皆さんもあまり期待しないでください。それにしても、ジョールさん、本当にスゴイでしょ!
 
またの御来店を、楽しみにお待ちしています!

 
 
さて、もうそろそろ日付が変わりそうだ。最後に1枚だけ。
 
『LET IT BE』UK初回マト2U美盤 赤りんごジャケ。素晴らしい音の盤を出品した。
初回マト2U/2U、マザー1/2、スタンパーは両面100番台であるが、盤質素晴らしく、音の方はさらに素晴らしい!
 
盤質EX。ややスレ、良く見ると小さなキズもあるが、全く深くない。全体的にも美しい盤。音に強く出るようなキズは皆無で、この盤であれば、全曲、「ACROSS THE UNIVERS」も、「LET IT BE」も、「THE LONG AND WINDING ROAD」も、大変気持ち良く聴くことができる。2U盤としては、稀に見るノイズの少ない盤だ。音は、極めて優雅。2U独特の力強さもあるが、どちらかと言えば優雅。聴いていて楽しくなるような音の盤だ。これなら毎日でも聴けるだろう。

ジャケEX-。貴重な初回の赤りんごのジャケもまずまず良い状態。パテント・インナー付き完品で、税込39,800円。繰り返し言いますが、これほど気持ち良く聴くことができる『LET IT BE』は稀です。この音が聴けるのなら、B-SELSナラではの良心価格と自負しています。
 
三連休も、ぜひB-SELSへ!皆さんのお越しを心からお待ちしています!

日記一覧へ戻る

【PR】  株式会社ルーム 福岡東店  VCJ動物医療センター駿河  ヘアーオフ大網店  てもみ処ぼうが  森ノ宮薬局