B-SELS ビーセルズ | 日記 | w1nGs London Town

BEATLES 好きナラ B-SELS。 ビートルズ シカありません。

Top >  日記 > w1nGs London Town

B-SELS ビーセルズ の日記

w1nGs London Town

2020.01.12

ウイングスのLPLONDON TOWN』、ご存知のとおり、このLPのジャケット写真の色は、表がグレー、裏がブルーを基調としている。


そして、この背景にあるロンドン橋、表の写真ではリンダの頭の右にロンドンバスが走っているが、裏の写真ではリンダの頭の左にバスが移動しているなど、芸が細かい。


しかし、実は、裏のジャケットのリンダの頭に隠れて、もう1台バスが走っている。


すでにお気づきの方も多いと思うが、このレコードのレーベルがこのジャケットの背景と同じなのだ。色は、A面がグレー、B面がブルー、そして、A面(SIDE 1)のバスは1台、B面(SIDE 2)のバスは2台である。


「グレー」と書いたが、タイトル曲「LONDON TOWN」の歌詞では、「PURPLE AFTERNOON」とある。「紫の午後」とはこのジャケット表のような色の天気なのかもしれない。その証拠に、このレコードを入れるインナースリーヴの絵の色は、表がパープル(ピンクっぽい)、裏がブルーだ。


ポールが第二の故郷ロンドンの街にたっぷりの情感を込めて書いたLONDON TOWN」、故郷リヴァプールへの郷愁を描いたPENNY LANE」にも似たこの曲、「PENNY LANE」でもポールは雨と晴れのコントラストを強調していたが、この「LONDON TOWN」も背景にある色を想像しながら聴くとより一層味わい深い。
「ロンドンの汚い地面に銀色の雨が降りそそいでいた」という歌詞に、雨と土ぼこりの匂いまでしてくるではないか。



ちなみに、このタイトル曲「LONDON TOWN」については、アルバムからのサード・シングルとして、UKUS・日本でシングルカットされた。UK盤シングルも、LPと同じカスタム・レーベルで、もちろんA面の「LONDON TOWN」の方がグレーだ。


B-SELSにはこのUKシングルの貴重なデモ盤を出品している。デモ盤のマトリクスは両面1、マザー・スタンパーは両面1G。これも、このシングルの最高峰だ。A面のタイトル曲も良いが、B面が、これまたジョージも絶賛したという名曲「I’M CARRYING」で、こういう曲こそ良い音で聴けばそれこそ「サイコー」だ。B-SELSにはA面マトリクス2のスタンパー一桁盤も出品しているので、マト1との聴き比べも楽しい。


そして、この曲の日本盤シングルは、UKの通常盤よりレアだろう。なかなか出てこない。もちろんB-SELSには通常盤も国内見本盤も出品している。


この国内盤、残念なことにレーベルの色が逆なのだ。ブルーの方をA面にしてしまっている。しかし、感心なのは、従来のドーナツ盤ではなく、ソリッド・センターにしていることだ。だから、ちゃんとバスが2台、残っている。(US盤はドーナツ盤で、バスは影も形もない!)
 

日記一覧へ戻る

【PR】  あざみノ会 音楽教室  【金沢西泉のケガに強い接骨院】金沢西泉接骨院  廃車マックス  たこ焼きQちゃん  和桜