B-SELS ビーセルズ | 日記 | 「MAYBE I’M AMAZED」 USプロモ モノラル!!

BEATLES 好きナラ B-SELS。 ビートルズ シカありません。

Top >  日記 > 「MAYBE I’M AMAZED」 USプロモ モノラル!!

B-SELS ビーセルズ の日記

「MAYBE I’M AMAZED」 USプロモ モノラル!!

2019.11.19

国内盤LP『マッカートニー』の中では「恋することのもどかしさ」であったが、『ウイングス・USAライヴ!!』からシングルカットされたときには、「ハートのささやき」に邦題が変わったこの曲。ポールの数多いソロ曲の中でも屈指の名曲であり、今でもポールのコンサートの定番となっている。


 『ウイングス・USAライヴ!!』のB面1曲目では5分を超えるこの曲にも、USプロモのエディット(ショート)・ヴァージョンがある。
 2013年のアーカイヴ・コレクション発売時に再現された12インチシングルは、1976年にアメリカで作られた12インチのプロモ盤を模してあるが、今日ご紹介するのは1976年にアメリカで作られた7インチのプロモ盤の方である。


 プロモシングルには、A面にこの曲のモノラル・ヴァージョンが、B面にこの曲のステレオ・ヴァージョンが収録されており、両面とも演奏時間は3分43秒のショート・ヴァージョンである。
 ジミーの泣きのギターが大幅にカットされているのは残念であるが、短いと良いこともある。それは、音が良いということである。
 本来5分以上ある曲を1分半も縮めて編集した曲を収録しているので、その分、溝に余裕があり、カッティングのレベルを高くすることができる。この盤は、とても迫力のある音であり、UKのシングルと比べてもかなり高い音圧でポールの絶唱が堪能できる。


 白眉はA面のモノラル・ヴァージョンであり、ステレオのような加工を加えていない分、演奏がストレートに再現されている。店のスピーカーに向き合い、目をつぶって聴くと、まるでコンサート会場でウイングスの演奏を聴いているような錯覚に陥ってしまう。


 ウイングス全盛期のライヴを見ることができなかった我々にとっては、このようなレコードが残っていることがとてもありがたい。未体験の方は、これもぜひ(売れてしまう前に)B-SELSへ聴きに来てください。

日記一覧へ戻る

【PR】  <京都> KG くきた工務店グループ  極真空手道連盟極真館 東京千鳥支部目黒道場  JapaneseDining夢楽咲  鶴見区 京橋 | 痩身エステサロン ベクヴェーム 【エステ/痩身/ダイエット/筋膜リリース/小顔/おすすめ】 人気店  伊藤課長 中津店