B-SELS ビーセルズ | 日記 | ABBEY ROAD A-3U

BEATLES 好きナラ B-SELS。 ビートルズ シカありません。

Top >  日記 > ABBEY ROAD A-3U

B-SELS ビーセルズ の日記

ABBEY ROAD A-3U

2019.10.27

『ABBEY ROAD』のUK初盤はマトリクス枝番が2/1で、特に「レフト・アップル」のジャケットに入ったものが珍重される。


私もこの「レフト・アップル」はこれまで何枚も手にしているが、ごくたまにA面のマトリクスが2ではなく、A-3Uという珍しい盤が入っていることがある。オリジナル盤の中でも、おそらく何十枚に1枚しかないようなレアなマトリクスなので、見つけたら超ラッキーだ。


私の経験では、このA-3Uもダーク・アップル・レーベルで、B面のマトリクスは1で「HER MAJESTY」のクレジットがないレーベルであるから、通常の2/1と同じく初盤扱いで良いと思う。今のところ、「HER MAJESTY」ありのダーク・アップル・レーベルや、明るい色合いのアップル・レーベルでの3U盤というのは見たことがない。また、B面のマトリクスに、2Uはあっても、3Uは見たことがない。おそらくA面のみだと思う。


ジャケットの方も、3U盤は「レフト・アップル」に入っていることもあれば、「通常ジャケ」に入っていることもある。このへんの扱いも2/1と変わらない。


さて、肝心の音の方であるが、もちろんUKオリジナル盤であるから申し分ない。もっとも先日shiotch7さんに聴かせていただいたようなスタンパーが一桁台のA面マト2の音にはかなわないと思う(あれは盤質も極上だった…)。思うに、音圧は2の方が高く、特にスタンパーが一桁台になると、ベースの重低音がズンズン響き、もう恐ろしいくらいだ。


しかし、3U盤は、今、私が手にしている3枚のうち、3枚ともマザーが1で、しかもスタンパーはうち2枚が一桁という確率の高さ、もう1枚も十番台のかなり若いスタンパーである。ということは、プレス枚数はやはりかなり少ないことが窺える。だから、きっと音が良いはずだ。


こういう高音質盤は、マト2と同じボリュームでの聴き比べは不利で、マト2を聴いたときよりもうひと目盛りボリュームを上げて聴くと、その良さがわかると思う。マト2に比べるとベースの音がやや軽くなるが、やはり、思ったとおり、高音の伸びが素晴らしい。


私はギターを弾くので、レコードを聴くときも特にギターの音に耳がいく。特に良い音のところではハッとすることがある。この盤は、ところどころで、「キッ」と胸を掻きむしられるような、それでいてうるさくない、良い音がする。『ABBEY ROAD』は他のビートルズのアルバムに比べてギターソロが長めの曲が多いので、これはポイントが高い。マトリクス2との聴き比べを楽しむためにも、3U盤はオススメだ。


 せっかく3U盤が作られたのに、どうして少数しかプレスされなかったのかもわからない。こんなに良い音なのに。

日記一覧へ戻る

【PR】  ボーカル教室 HS DREAM  花と人と共に 花ばたけ  瀬崎抜型製作所  メナードフェイシャルサロン My Happiness(マイハピネス)  セブンカルチャークラブ久喜